2017年01月13日

ニューイヤーズライブ 2017

           新年あけましておめでとう!!
 今年もTOKUZOでミュージックウォーカーズの1年が幕開けました。
 メンバーの一員である私としては昨年後半から取り組んできた練習のまとめです。これが終わらないと正月 が来ないと思って取り組んできました。仕事はすでに4日からはじまっており、ほっとでできない日々が始  まっているのでブログ作成はライブ終了後の1週間後となってしまいましたので、ライブ本番の様子を思い だしながらのブログ作成です。
  今回は1部スタンダードジャズ(かなり懐かしい)、2部はラテン(これもかなり懐かしい)。
 ただ、VOを加えての演奏ですので、普段アマチュアバンドでは聴けないプログラムとなっています。
 リーダーの中林さんはラテン好きと聞いていましたのでこのライブには普段にはない思い入れがあるように 感じました。(いつもオヤジギャグで笑いをとりながらのリーダーが本番すこし前の練習から厳しい言葉が とびました。)それとアマチュアといえどもお金をいただいての演奏ですのでそれはメンバーへの厳しさに も反映したものだと思います。
  元々、ラテンビッグバンドに憧れがあった私は、また夢の実現(子供のようなことを書き込みますが)
 ができたライブでした。VO ちぐさ さん、ジャンルが広い!ジャパニーズポップスからスタンダードジャ ズ、そして今回のラテンと驚きました。人知れず、かなり練習をされたようですね。
  さてさて、1部の曲目は「ブルーレディに赤いばら」「木の葉の子守歌」「センチメンタルジャーニー」
 ほか、2部の曲目は「OYE KOMO VA」「SIBONEY」「PERES PRADO MEDOREY」「KORA ZONE DE  MELON」「SWAY」「7つの子」「CABALLO NEGRO」「ADIOS MUDADIOS]「VAYA CONDIOS」「EL
 CUMBAMCERO」。特筆すべきは、ラテン曲はすべてオリジナルアレンジです。リーダー中林さんの人脈のあ るプロにミュージックウォーカーズ用に書いてもらったものだそうです。
 バストロンボーンのパート譜はペダルトーンの聴かせどころが各所あり、これはオイシイ!と意識して演奏 に臨みましたが・・・・。
 ペダルB♭はまず大丈夫だったのですが、A♭が・・・・スカ―・・・あーあー〜。練習では出てたのに〜。
 その部分は1番〜3番TBがオクターブ(ロウトーン)あり、曲の流れには問題がおこらなかったのですが、
 バストロンボーンとしては悔いが残り、いまでも尾を引いています。横隔膜の使い方がまだまだこなせてな いバストロおじさんです。音量も課題です。***
 最後の曲「EL CUMBAMCERO」はVOちぐささんの声量」も十分でノリノリでした。コンガ、ボンゴのソロで 盛り上げ、テンポもよくSAX陣、TP陣が鳴りわたる曲となっており聴かせどころ満載の曲となっています。
 実は私、最後にミスってしまいました。コーダからのリズミカルテンポにのれず、アッと思い最後の最後の 部分を合わせるのが精いっぱいで冷や汗ものでした。
 聴いてくれた方々はメンバーの知人やバンド経験者ばかりです。楽しんでもらえたでしょうか。
・・・
 本番終え、この様な反省が残るライブでしたが、ラテンは楽しいとあらためて思うニューイヤーズライブで もありました。
 今後も、聴いてもらう人に楽しさが伝わる演奏をこころがけしていきたいものです。
P1020732.JPG
P1020733.JPG
P1020742.JPG
P1020745.JPG
P1020744.JPG
posted by ジャズオヤジ at 10:51 | Comment(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: